スポンサードリンク

スポンサードリンク



かんぽの宿って?

 
かんぽの宿って?

かんぽの宿とは、郵便局の簡易保険に加入している人向けの
福祉施設として作られた宿のことです。

かんぽとは、簡易保険のことですね。
最近は「Kampo」とローマ字表記することも多いです。
「n」でなく「m」のとこがポイントですね。
簡易保険とは、日本郵政公社が運営する、
日本の郵便局で取り扱っている生命保険です。
正式には簡易生命保険事業といいます。
かんぽ商品の販売は、外交員と郵便局窓口で行います。

かんぽの宿は、一泊4千円程度から利用することができるので、
とてもお得です。
しかも、簡易保険=かんぽに加入していない人でも、
利用できるんです。

大浴場や付属設備が充実し、バリアフリーも万全なところが
ほとんどですので、安心して利用できますね。
なぜかって、簡易保険に入ってる人の心身の保養をするための
宿だからです。

かんぽに加入している場合は、利用する日の3ヶ月前から
宿の予約を申し込むことができます。
加入していない場合の予約は1週間前からで、
加入している場合よりも優先度が低くなってしましますが。

また、その土地の食べ物が味わえるところもあるので、
それもひとつの楽しみですね。
それに空気のよいところで、格安に、テニスなどスポーツを
楽しみながらのんびり温泉に入って保養できるなんて、
心身のリフレッシュができ、体によさそうですね。

かんぽの宿は、郵政民営化の議論の際にもあがりましたが、
バブル時代に建設した豪華な施設が多く、採算が取れているのか
疑問視する声もあります。


かんぽの宿の詳細はこちら↓
http://www.fukushi.kampo.japanpost.jp/index.html

かんぽの宿 寄居

かんぽの宿 寄居


埼玉県寄居町には、かんぽの宿 寄居がありますね。

埼玉県寄居町の「風布みかん農園」や寄居周辺の観光するのにかんぽの宿 寄居を利用してみてはいかがでしょうか?
入浴施設もあるし、かんぽの宿寄居は近くて便利です。
ただ、時間帯によっては時宿泊者優先になると思うので、入浴・食事ともに問い合わせが必要です。
いっそのこと宿泊するように予約を入れて利用しましょう♪


かんぽの宿寄居
日帰り温泉&食事も出来ますよ。

東京都内からも近くアクセスしやすい。
かんぽの宿 寄居は天然温泉の露天風呂があります。
源泉に加水、加温し、濾過して、綺麗にしているので安心して利用できますね。
また、四季折々の様々に食事も楽しみのひとつです。
きっと疲れを癒し、くつろぎの時間を堪能できるのではないでしょうか?

お風呂は、天然温泉で展望浴場、露天風呂、予約は必要ですが家族風呂もあります。  
部屋数は全部で51室あり、和室が40、洋室が7、和洋室が3、バリアフリー室が1室という内訳になっています。その他の施設として、レストラン、売店、喫茶室、ゲームコーナー、会議室、宴会場が付帯しています。


郵便番号:〒369-1205
住所:埼玉県大里郡寄居町末野2267
電話:048−581−1165
FAX:048−581−1167


かんぽの宿 寄居

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。